返金に関する事項– v7.0拡張

 

返金について

下記に記載されている事項のいずれかによる理由で予約実行できない場合、下記の事項を証明できるものを提出した場合に限り、返金規約に基づき払い戻しを行います。

  • 病気または怪我
  • 持病、基礎疾患
  • 妊娠合併症
  • 死亡(自殺含む)
  • 公共交通機関によるトラブル
  • 航空便の欠航
  • 車両などの故障
  • 悪天候
  • 自宅の緊急事態
  • 必要書類の盗難
  • 同一企業内の異動
  • 緊急部隊としての責務
  • 陪審員、裁判員における義務
  • 裁判所への出頭命令
  • 試験日の変更

 

また、上記以外の がある場合は、それを証明できるものをご自身で用意しご提出ください。検討した結果、やむを得ないと判断したものに関しては返金します。

以下にある返金規約及び各事項における詳細をよくお読みください。それぞれの事項において、返金可能かどうかの詳細記載してあります

 

返金規約

  • いかなる状況においても、コロナウィルス (COVID-19) を含む感染症または伝染病を理由に返金することはできません (一部、返金を検討する例外もございます。以下COVID-19に関する詳細をご覧ください)
  • お客さまの自己都合により予約が必要なくなった場合、返金することはできません。
  • 主催者または航空会社による予約のキャンセル及び延期に関しては、こちらで返金処理を受け付けることはできません。予約を変更する場合は、直接カスタマーサービスへお問い合わせください。
  • 予約時に予測できたであろう理由での返金は承ることはできません。
  • 許可証、旅行券、ビザの手配など必要書類の準備は、予約日当日までにお客さま自身で用意する必要があります。
  • あらかじめ返金する必要のないようご計画ください。それにも関わらず返金を希望する際は、あらゆる代替案を考慮した上でやむを得ない場合に限ります。
  • 証明となる書類等を準備するのにかかる費用は、お客さま自身がご負担ください。予約確認書のコピーも必要になります。
  • 1人あたりの払い戻し金額は、人数分の予約金額の合計または£10,000 (相当額) を上限とします。

 

コロナウィルス

コロナウィルス関連の以下の理由によりご予約参加できない場合、返金可能な場合があります。

 

  1. ご予約日より前の7日間にお客様ご自身または同一世帯がコロナウィルスに感染し、隔離しなければならない場合、公的機関に夜PCR検査の陽性結果または有効なQRコードが必要です。
  2. お客様の同一世帯がコロナウィルスに感染し、お客様ご自身が濃厚接触者となり、自治体の指示に従い隔離が必要な場合、PCR検査の陽性結果、または、自治体からの隔離指示の証明書が必要です。
  3. お客様の近親者ご予約日より前の14日間以内にコロナウィルスによる入院または死亡した場合、医療機関からの証明書または死亡証明書が必要です。
  4. お客様ご自身の持病が、ご予約日より前の7日間以内に著しく悪化し、コロナウィルス感染に夜危険性があり、医者からご予約参加しないよう指示があった場合。

 

コロナウィルスの感染の心配、PCR検査が陽性出ないにもかかわらず、自宅隔離されている場合、またはお客様の旅行計画がコロナウィルスの制限に影響が出た場合、これらの理由により、お客様が予約出席されない場合は、払い戻しは、行われません。

 

コロナウィルスの詳細については、こちらの専用ページをご覧ください。

 

これらの払い戻し理由は、完全に裁量に基づいて考慮され、払い戻しの保証とは見なされません。

 

**以下の利用規約を参照の上、払い戻し規定と他の理由でのコロナウィルス払い戻し申請についてご理解ください。

 

払い戻しの申請

払い戻しの申請と支払いは、金可能な条件を管理するカスタマーエクスペリエンスチームによって処理されます。

 

払い戻しを申請するには、予約参加  できないことがわかり次第、そして予約日から60日以内に払い戻し申請フォームに記入する必要があります。

 

 主催者による予約のキャンセルまたは延期が行われた場合、カスタマーサービスチームに直接  お問い合わせください。

 

 

病気/怪我

 

病気や偶発的  な怪我を意味しますまた、医者の診断書がある場合、払い戻し致します。

 

払い戻し不可のケース

 

お客様が、予約参加する上で、影響を受ける人物がグループ内にいるという根拠を提出できない場合。

予約日までに医療機関身体上の検査を受けていない場合。

 

必要な根拠

 

医師の診断書の確認:

  •   病気や怪我の詳細
  •   最初に発生した日付
  •   予約参加できない。

 

(£50または同等額までの医師の診断書の払い戻しには、領収書が必要です)

 

 

既存の病状

 

予約を行った時点で認識していた身体的または精神的健康状態を意味し、通常は予約に参加する上で、支障がありません。

 

払い戻し不可のケース

 

お客様の既存の病状のために、通常、予約参加できないことが予め認識されいる場合。

予約日までに医療機関で検査を受けていない場合。

 

必要な根拠

 

医師の診断書の確認:

  •   病気の詳細
  •   変更日
  •   予約参加できないこと

 

(£50または同等額までの医師の診断書のメモ払い戻しには、必要な領収書が必要です)

 

 

妊娠合併症

 

予約した時点で気づいていなかった妊娠の合併症を意味し、それにより、予約参加できない場合

 

払い戻し不可のケース

 

正常妊娠

 

必要な根拠

 

医師の診断書の確認:

  •   合併症の詳細
  •   発生した日付
  •   予約参加できないこと

 

(£50または同等額までの医師の診断書のメモ払い戻しには、領収書が必要です)

 

 

死亡

 

予約日前にご本人様が死亡された場合、または予約日35日前までに近親者、またはお客様と一緒に予約に参加されるグループ内の方が死亡された場合。

 

払い戻し不可のケース

 

死亡された方が、本人の近親者またはグループ内に属していたという証拠を提供できない場合。
必要な根拠

 

死亡証明書

 

 

公共交通機関によるトラブル

 

日以前に認識できなかった公共交通機関のネットワークにおける予期できない中断または故障を意味します

 

払い戻し不可のケース払い戻しを行わないもの

 

トランスポートプロバイダーの財務上の障害がある場合

交通渋滞や道路閉鎖

 

必要な根拠

 

公共交通機関の故障または中断の通知のコピー(通常は運送会社のウェブサイトから入手できます。)

 

 

航空便の欠航

 

客様予約日前に知らなかった航空便の欠航または大幅な遅延を意味します。これにより予約参加が妨げられた場合。

 

払い戻し不可のケース

 

予約済み航空便がキャンセルまたは延期された、航空会社または他の支払い当事者からの補償がある場合。

予約日より前に混乱を認識してたが、合理的に適切な代替旅行の手配をしなかった場合。

トランスポートプロバイダーの財務上の障害がある場合。

お客様が航空便を予約した目的または理由が変更され、キャンセルされた場合。

 

必要な根拠

 

航空券のコピーと航空会社からのキャンセル通知

 

 

機械的な故障

 

予約の24時間前に、お客様が予約参加するための車両の機械的故障、事故、火災または盗難意味します。

 

払い戻し不可のケース

 

予約参加するために十分な時間をとらなかった場合。

予約参加するために合理的な代替の手配をしなかった場合。

予約参加中に使用する予定の車両の場合。

必要な根拠

 

故障の際にリカバリーサービスを利用した履歴のコピー – 警察または、関連する交通当局からの事故(インシデント)番号またはレポート。

 

 

悪天候

 

政府機関が旅行を取りやめるように警告を発した天候を意味し、予約参加することが妨げられた場合
払い戻し不可のケース

 

政府機関から旅行に関する警告のない悪天候の場合。
必要な根拠

 

政府機関からの旅行に関する警告のコピー

関連するルート閉鎖の証明

 

 

自宅における緊急事態

 

予約直前48時間以内に私邸での強盗、火災、悪意的損害または洪水を意味し、予約時には、予測できなかった場合。

 

払い戻し不可のケース

 

以下のように証拠を提出できない、自宅の緊急事態。
必要な根拠

 

  • 強盗、洪水、悪意的損害 – 警察の参照番号または、家の保険会社への申請書類を提出した証拠。

火災 – 消防署や警察からのレポート

 

 

書類の盗難

 

予約に必要な書類の盗難を意味し、予約に間に合うように交換ができない場合
払い戻し不可のケース

 

予約の前または当日までに、書類の交換が可能な場合。

書類が失われた場合。

 

必要な根拠

 

盗難を証明するための警察の報告書または犯罪番号。 (自己申告は受け付けて不可)。

チケットを交換/再発行できない旨を確認可能な予約エージェントからの電子メール。

 

 

同一企業内の異動

 

現在の雇用主に住所の移動を課せられた要件を意味します。 移動は一時的または永続的なもので、その場所から予約参加することが不可能な場合。

 

払い戻し不可のケース

 

ビジネスミーティングや出張への出席。

一時的な転勤の場合は、最低3ヶ月である必要があります。

自主的な移転 、または新しい役割のために雇用主を変更した場合。

お客様が事業主または役員、またはお客様の家族の一員である場合。

 

必要な根拠

 

現在のお客様の雇用主から、異動の詳細を確認可能な文書。

新しい住所に住んでいる証明 。

 

 

軍や緊急部隊としての責務

 

軍隊予備軍、または緊急サービスのメンバーとして、予約日に仕事のために招集された場合、または海外に派遣され、予約に参加できない場合。

 

払い戻し不可のケース

 

予約を行う前に、既に予約日の作業を認識、または予定されいた場合。

予約日のための年次休暇の要求が受け入れられなかった場合。

 

必要な根拠

 

元のスケジュール以外の仕事や任務であることを承認した司令官またはラインマネジャーからの文書

 

 

裁判員の義務

 

予約の時点で知り得なかった、予約日の裁判員として出席がある場合。

 

払い戻し不可のケース

 

以下のような根拠を提供できない裁判員としての義務。
必要な根拠

 

裁判員サービスを要する手紙のコピー。

 

裁判所からの召喚状

 

お客様が予約を行った時に知り得なかった知らなかった、予約当日に訴訟の証人として召喚されることを意味します。

 

払い戻し不可のケース

 

お客様が刑事訴訟の被告人である、または刑事訴訟の対象となっている裁判所の召喚。

 

必要な根拠

 

裁判所の召喚状のコピー。

 

 

試験日の変更

 

予定していた試験日がお客様の予約日に変更された場合。

 

払い戻し不可のケース

 

以前の試験に失敗し、再試験を受けなければならなかった場合。

 

必要な根拠

 

試験機関、学校、専門大学、大学からの日付変更を確認する通知のコピー。

 

 

緊急事態

 

お客様範囲外で、お客様の過失でない完全に不測の事態を意味します。払い戻しの決定は、カスタマーエクスペリエンスチームの裁量により行われます。当社は、これらの状況を考慮し、払い戻しを行う義務は一切ありません。

 

払い戻し不可のケース

 

カスタマー エクスペリエンス チームが検討する事項はこのリストに含まれない事頃でも返金不可となる場合があります。
必要な根拠

 

緊急時の状況を確認するためにカスタマー エクスペリエンス チームから要求された証拠。

 

払い戻しが行われない具体的な理由:

当社は、以下に直接または間接的に関連する予約の出席不払いについて払い戻しを行いません。

  • 実際のまたは知覚: 山火事、火山噴火、津波、地震; 戦争、敵対行為、市民の騒ぎ、投獄、送還、強制送還、有毒な生物学的物質、放射能; サイバーインシデントまたはサイバー行為州の財産 の押収;
  • いかなる法律にも従わない 。
  • キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリアからの予約
  • 国連決議、欧州連合(EU)、英国、米国の貿易または経済制裁、法律または規制に基づく制裁、禁止または制限にさらされている場合。
  • それが最初に予約された日付から取引イベントの終了まで18ヶ月を超える場合。

 

払い戻しが行われない具体的な理由:

当社、以下に直接または間接的に関連する予約の不参加についての払い戻しを行いません。

  • 実際の出来事または予期される出来事: 山火事、火山噴火、津波、地震、戦争、敵対行為、暴動、投獄、送還、強制送還、有毒な生物学的物質、放射能、サイバーインシデントまたはサイバー行為、州の財産 の押収
  • 違法行為
  • キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリアからの予約
  • 国連決議、欧州連合(EU)、英国、米国の貿易または経済制裁、法律または規制に基づく制裁、禁止または制限にさらされている場合。
  • 予約が最初に予約された日付から取引終了まで18ヶ月を超える場合。

 

定義

以下の単語または語句は、この資料内の太字で表示される場合、以下の意味を持っています。

 

当社 – 当社は、お客様が予約を行った予約代理店です。

軍隊 – 海軍、海兵隊、陸軍、空軍。

参加 –出場、参加、使用、出席する。

予約当社とお客様間で事前のサービス、イベント、航空券を取引すること。伝染病/感染症 – 感染者、植物、生物からの、直接的または間接的に感染する可能性がある病気。隔離や移動の制限がある。

医師 – 公認の専門機関に登録し、認可された資格のある開業医。医師が本人や本人の家族の一員の場合は、認められません。

緊急サービス – 警察、消防や救助サービスまたはその他の緊急サービス。

近親者本人の 夫、妻、パートナー、親、子供、兄弟、祖父母、また義理の家族。

同一世帯 – 同じ住所に一緒に住んでいる人

支払い当事者 – サービスの不履行に対する賠償金を支払う法的責任を有する組織または団体で、い戻しの権利を有します。

重要 この書類を英語から翻訳することは、補助と情報提供のみを目的としています。英語版の払い戻し申請が払い戻しの基礎となります。

この書類の全ての見地は、英国の法律と英国の裁判所の管轄下にあります。

 

これは保険契約ではありません。払い戻し可能な予約は、当社の標準的な販売条件および取引条件のオプションの延長であり、それは文書に記載されている特定の定義された状況に対する払い戻しを提供します。

 

  

v7.0 Extended